※本ページはアフィリエイト広告プログラムによる収益が発生しています

クラウドバンクで配当生活(償還・分配)するならいくら出資?クラウドファンディング投資の利息で飯は食えるのか

クラウドバンク投資やってみた クラウドバンク(Crowd Bank)

株式投資以外で、クラウドファンディング投資を利用して配当生活するならいくら出資すべきか調べてみたよ。

クラウドバンクで大損か 140万円投資してみた ソーシャルレンディングで損しない方法も解説

一般投資家のすべてが理想とする配当生活。じゃあ、いくらあったら配当だけで食っていけるんだろう。

最初におおまかな答えを書いてしまうが、年間で利息450万円もらうとする。年利4.5%の投資商品に出資したとすると、資金は1億円必要。1億円が貯まるまで他の投資方法で軍資金貯めなければならない。利息で暮らすよりか、はるかに軍資金1億円を貯める方が難しそう。

日本株、米国株、投資信託、FXでレバレッジかけてビシビシ稼ぎまくってから、安定したインカムゲインの配当生活に移る人は意外と多かったりするでしょうね。一生、チャート見て暮らすのも、なかなかしんどいに違いない。

関連記事:クラウドバンクやってみた運用実績を公開します→不動産クラウドファンディング投資は激熱だった

実質利回り10%以上・元本割れなしの「COZUCHI」
累計調達額400億円の人気ナンバー1の不動産クラウドファンディング・実質利回り10%以上、元本割れ1度もなしの「不動産クラウドファンディング投資」

配当生活450万円するなら原資は1億円必要

出資金1億円をクラウドファンディング投資したとして、年間の表面利回り4.5%だったとしたら年間の配当収入は450万円になる。

年間の配当収入450万円を12か月で分配すると単純計算で月々37.5万円。配当収入だけでも所得収入となるので、そこから税金がさしひいたら月々手元に残るのは30万円もないでしょう。

資産1億円あったとしても、生活は年収450万円のサラリーマンと同じような状態になるので原資を減らしたくないのであれば、質素な生活しかできないのが現実だ。(もちろん、フェラーリなんかには乗れない。原資が減ったら配当も減る。)

クラウドファンディングとはインターネットを通じて募った資金を運営会社を通じて特定の事業や企業に投じ、リターンを得る仕組みをいう。SALLOWさんはクラウドファンディングに約1億円投資して、年間で約450万円の利息を受け取っている。

クラウドファンディングに投資 利息は年450万円

分配金(配当金)で配当生活

ファンドに組まれた融資債権から発生した利息や遅延損害金がファンドの利益として蓄えられ、投資家に分配される。分配金=配当金で飯を食おう。

ファンドに組み込まれた融資債権から生じた利息や遅延損害金はファンドの利益として分配され分配金となります。

原則、分配金は融資先から利息または遅延損害金が支払われた月の翌月第10営業日までにお客様のクラウドファンディング口座に支払われます。

償還・分配について|よくある質問

まとめ

夢の配当生活といえど、年利4.5%、原資1億円なら、一般サラリーマンと同等ぐらいの生活しかできないようだ。

配当生活は夢だったが、実際の配当生活はシビアでしかない。節約続きの毎日になるからだ。

原資減らしたら、配当金額も減ってしまうう現実。これが現実の配当生活。。

コメント